最新の録音機材

toyamendouga おしらせ

これまで「Chromathic Harmonica LABO」や「とやめん」で、いくつか音源をアップして参りましたが、回数を重ねるごとに少しずつですが音質が良くなってきているように感じています。

 

最初の頃にアップした音源

愛の挨拶(エルガー)クロマティック・ハーモニカ 比嘉祥人

最近アップした動画

Toyama Trad./ Kokiriko-bushi

録音場所も違っていたりと、環境も同じ条件ではないのですが、実は録音の機材もだんだんと変わってきています。

 

最初はどの機材がいいのか検討もつかなかったので、3つ同時に試したりしていました。
それでも、なかなか納得のいく音質は得られず…
次は場所や機材も変えてとってみたところ、最初に比べればだいぶ音質は良くなったように感じました。

 

それでも納得できるものではなかったので、ホールの方に録音のコツなどなどを教えていただき、今度は機材の位置を色々と工夫してみることにしました。
マイクの位置を楽器と反対の方向へ向けてみたり、高くしたり、低くしたり。
位置を色々と試したところ、マイクの位置をずっと高くして、部屋の角と天井の反響の音を拾える場所が一番良さそう、という結果に至りました。

 

しかし、それでも納得のいく音質ではなく、、、

 

先日「とやめん」の動画をとる時に、チェロの井上貴信さん愛用の録音機材を使わせていただいたのですが、試し撮りの段階で「あれ?自分の使っている機材の音質とだいぶ印象が違うなあ」という感じがありました。

それはギターの大橋俊希さんお勧めでもあり、以前からとやめん内で話題になっていた機材でもあり、ずっと気になっていたのですが、その音質を実際に聴いてしまってからは気になっているという域を越えてしまい、、、

ついに購入してしまいました!!

 

 

 

今は、この機材でどの位置が一番いいのか色々と試しているところです。

ただ、音質は以前のものに比べるとやっぱりいい!

 

録音機材も場所も環境も、こだわりだすと終わりのない世界になってしまうのですが、これからもより良い音を求めて研究・挑戦を繰り返していきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました