新たな音源をアップしました

音源アップしました おしらせ

新しい音源を2曲アップしました。

ゴリヴォーグのケークウォーク (ドビュッシー)クロマティック・ハーモニカ 比嘉祥人

この「ゴリヴォーグのケークウォーク」では、クラシックの演奏ではあまり使われない奏法を用いています。
中間部のところで「ベンド」と呼ばれる奏法を用いており、これはジャズやポップスなどではよく用いられています。
また、ヴァイオリンなどの弦を弾いて演奏するピッチカートのような音がする「パーカッシブ」という奏法も用いています。

 

ゴールデンガール(ライリー)クロマティック・ハーモニカ 比嘉祥人

「ゴールデンガール」はハーモニカのための曲で、クラシック・ハーモニカの巨匠トミー・ライリーの作品です。
たおやかなメロディとハーモニカのふくよかな音色が心地よくフィットしている作品です。

タイトルとURLをコピーしました